PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競歩なのです

アンジェロとの散歩は、以前から早足でした。
そして、一昨日の訓練以降、アンジェロに抜かされないように、より早足になりました。

アンジェロの行く手を阻むのに、私が体を翻して止めようとすると、ノロノロしていては止められないのです。
必死に早く歩いているので、周りから見たらかなり滑稽でしょう。
そのうち、必死になりすぎて息切れして止まり、何度か深呼吸して気持ちを落ち着けて再度歩くけれど、追いつけず(←間違っている)ぐるりと方向転換して自分が前の状態に戻す。
トレーナーには、グルグル回らずに、アンジェロに下がらせるようにと言われている。

これをずーっとやっていると、ふたりともストレスが溜まるので、散歩の半分はノーリード。
ノーリード中は、あまり干渉しないようにと言われているので、余程のことがない限りは見なかったことにしたら、何回か食べられた。(いつものウンP)
今まで未遂で終わっていたヌリヌリ行動に、アンジェロは昨日と今日と成功してしまった。(キツネのウンP)
さすがにこれはたまらんと、ウンP系は止めることにしました。

人のペースに合わせて歩くことが目的なのに、私はなにか間違っている。
もともと早足の旦那に、今では「早く歩いて!」と言うほど早足になってしまった。
まるで競歩なのです。


16-Sep-2015.jpg


しかし、夕方の散歩ではちょっと進歩が。
リードを私の後ろ側に回して持つと、アンジェロが前に出にくく阻止しやすい。
アンジェロが歩く位置を覚えるまでは、この持ち方でやってみます。

「上手に歩けて、アンジェロかっこいいね〜♪」と言いながら歩いていたら、うれしそうに私を見上げてくれました。
母ちゃんが喜んでいるのがわかったかな。
こんな風に、ふたりでうれしそうに帰ってきたことは、今まであっただろうか?
明日もまたちょっと進歩できるといいな。
スポンサーサイト

| お勉強 | 23:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT