2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LG Rhein Main Spezialzuchtschau

3回目のドッグショーに行ってきました。
今回は、家からそれ程遠くないので、日帰りです。
会場は、シェパードクラブのグラウンド。
屋外のショーは、はじめてです。


20-Sep-2015a.jpeg

ショーが始まると、パピークラスはすぐに出場になります。
このクラスでの参加は、またもやアンジェロひとり。
心配していた通り、後ずさりして、口の中を見せません。
審査員が優しい方で、私に口を開けさせてくれましたが、それでも怖がって苦労しました。
後に写真を見て、私と一緒にこんな位置まで下がって見てくださっていたんだと知りました。
写真は顔を隠していますが、みんな笑っています。

前回は、タマチェックも嫌がって触らせませんでしたが、今回は前回程嫌がりませんでした。
それでも、写真を見るとへっぴり腰ですね。
しかし、立ち姿は素晴らしい。
口を開けなかったことと、一緒に走るのもスムーズに行かなかったのがショックで、このときの母ちゃんの頭の中は空っぽになっていたのでポージングさせていません。
アンジェロの自然の立ち姿。


20-Sep-2015_201509220654278dd.jpeg

毎回のことながら、ここからが長い。
終わるまで審査員の評価をいただけないので、ひたすら待ちます。

写真は、アンジェロの異母姉弟。
アンジェロのパパのブリーダーさんのところにいる子。
毎回ショーに来ていたので会えたのですが、今回は一緒に写真を撮らせてもらいました。
パパは、5歳になったばかりなのに、すでに約200頭の子供がいるんだとか。
これかもどんどん増えていくだろうから、異母兄弟だらけになりそうです。

そして、アンジェロの耳周りの毛は、今後抜けて少し硬めの毛に生え変わると聞きました。
ここだけは、なんとかキープしてくれると思っていたので、さみしいな。
今のうちにいっぱい撫でて触って、この感覚を覚えておこうと思います。


20-Sep-2015d.jpeg

今回も評価は、VV1を頂きました。
ただ、次からのクラスは、出場頭数も増えるし、口を開けて体を触らせないと、いい評価はいただけないと思います。
知り合いで犬が大丈夫な人に、片っ端から口を触ってもらおう。

| ドッグショー | 20:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学んでね

19-Sep-2015a.jpg

畑の中には、鹿糞いっぱい。
頼むからドッグフードを食べるようにつままないでおくれ。
まだ犬糞よりいいかなと思える自分が怖い。

今日会った犬連れさんに、アンジェロ食糞がひどいという話しをしたら、その方の犬も以前はよく食べていたけれど、ごはんを変えたら食べなくなったそうな。
完全手作りしていらっしゃるとか。
うちも前から考えている半BARF、近々注文してみようと思います。


19-Sep-2015b.jpg

先日触った電気柵。
それでも別の場所の電気柵には、まだ近づいて行きます。
「痛いよ。」と言って伝えていますが、わかってくれてないみたいです。

| 日々の生活 | 22:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ばあちゃんとプードル

最近の散歩は、半分の時間をノーリードにするのを想定して連れて行くので、広い開けた場所を歩く。
今朝も、リーダーウォークの練習をし、畑の畦道まで来てからノーリードにしました。
見通しのいい場所なので、遠くにワンコがいてもよくわかる。
しばらくして、ずっと遠くにいるわんこに、アンジェロは止めても聞かず、そのまま走って行ってしまった。

向かった先のワンコは、プードル2頭。(ミニチュアプードルくらいのサイズでした)
怪我させたらどうしようと、焦って走って追いかけた。
「すみません。」と言うと、飼い主のおばあちゃんは、「あのベージュの子はいいの。こっちの黒い子が気がキツくて噛むかもしれないから。」と自分ちの子が怪我する心配ではなく、アンジェロのことを心配してくれていた。

走り回るベージュの3歳の男の子とアンジェロ。
時々転がしてしまうから、「ゆっくり、ゆっくり、あーこわ、お願いだから怪我させないで。」と口走る私に、「見てるから大丈夫よ。」と言うばあちゃん。
「もう、走り過ぎ。充分だからそろそろ終わり。」と言うと、「まだまだ」
その後、しばらくしてペースが落ちたところで捕まえました。

アンジェロには、十分な運動だったので、最初行こうと思っていたコースから、短いコースに変更。
休憩しようか?などと話しながら、何度か止まりながら歩いた。
帰り道の坂を登った頃、遠くにプードルと婆ちゃんの姿が見えた。
私達より、ずっと大回りして歩いてきたようだ。
そして、私達の家より遠い方向へ帰って行った。
どんなにタフなプードルなんだ!

ドイツの年寄りは、元気なのは知っていたけど、プードルもすごいのね。
抱っこされているイメージがあるので、あの運動量をこなせる体力があるとは知りませんでした。


感心している場合ではない。
ノーリードにするなら、呼び戻しの練習をもっときちんとしなくては。
ウンPダメダメしてるから、余計に呼んでも遠くに言ってしまうようになっている。
やっぱりウンPは、見なかったことにした方がいいのか?(うぅ、つらい。苦しい。)
とりあえず、またお腹に虫が湧いているかもしれないので、そろそろまた駆虫薬を飲ませなくては。
本当は駆虫薬は与えたくないのに、ここまで拾い食いがひどいと仕方ない。


18-Sep-2015a.jpeg

夕方やっと晴れました。
サンキャッチャーを通して、アンジェロの体に虹ができた。
アレックスの時も、こんな風によく写真を撮ったもんだ。


18-Sep-2015b.jpeg

夕方の散歩で、気球が飛んでいました。
アンジェロは、初めて見る物や興味のあるものは、お座りしてじっくり観察します。
気球を怖がっていたアレックスとは、こんな風に写真が撮れたのは、最初の1回だけでした。
気づかれる前に、リードを着けないと、ひとりで急いで帰ろうとしたので、危なかったのを思い出す。
そういえばあの時も、家まで競歩だったわ。

| 日々の生活 | 00:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

進歩なし

リーダーウォークは、昨日と変わらずの状態です。
ここ数日は、雨の降る中を散歩しているのと、歩くのに一生懸命で、散歩にカメラも持って行っていません。

散歩の半分も歩く練習に費やしていて、ストレスたっぷりのアンジェロ。
夕方の散歩では、ラッキーにも気の合う子に会えて、思いっきり走ってストレスを解消してもらいました。


17-Sep-2015.jpg

いつも私の近くから離れないアンジェロ。
母ちゃんのことが大好きなのは、よくわかっているよ。

| 日々の生活 | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競歩なのです

アンジェロとの散歩は、以前から早足でした。
そして、一昨日の訓練以降、アンジェロに抜かされないように、より早足になりました。

アンジェロの行く手を阻むのに、私が体を翻して止めようとすると、ノロノロしていては止められないのです。
必死に早く歩いているので、周りから見たらかなり滑稽でしょう。
そのうち、必死になりすぎて息切れして止まり、何度か深呼吸して気持ちを落ち着けて再度歩くけれど、追いつけず(←間違っている)ぐるりと方向転換して自分が前の状態に戻す。
トレーナーには、グルグル回らずに、アンジェロに下がらせるようにと言われている。

これをずーっとやっていると、ふたりともストレスが溜まるので、散歩の半分はノーリード。
ノーリード中は、あまり干渉しないようにと言われているので、余程のことがない限りは見なかったことにしたら、何回か食べられた。(いつものウンP)
今まで未遂で終わっていたヌリヌリ行動に、アンジェロは昨日と今日と成功してしまった。(キツネのウンP)
さすがにこれはたまらんと、ウンP系は止めることにしました。

人のペースに合わせて歩くことが目的なのに、私はなにか間違っている。
もともと早足の旦那に、今では「早く歩いて!」と言うほど早足になってしまった。
まるで競歩なのです。


16-Sep-2015.jpg


しかし、夕方の散歩ではちょっと進歩が。
リードを私の後ろ側に回して持つと、アンジェロが前に出にくく阻止しやすい。
アンジェロが歩く位置を覚えるまでは、この持ち方でやってみます。

「上手に歩けて、アンジェロかっこいいね〜♪」と言いながら歩いていたら、うれしそうに私を見上げてくれました。
母ちゃんが喜んでいるのがわかったかな。
こんな風に、ふたりでうれしそうに帰ってきたことは、今まであっただろうか?
明日もまたちょっと進歩できるといいな。

| お勉強 | 23:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヘタクソ

15-Sep-2015b.jpg


朝目覚めて、昨日学んだことが頭の中でグルグル回る。
昨夜、レッスンが終わってすぐに書き留めておいたメモに目を通してから散歩に出かけた。

昨夜は少しの距離しかリーダーウォークの練習をしていなかったので、前に出たら阻止は数回で済んだけれど、散歩1回分だと、何度も阻止しなければならなかった。
どこまで前に出たら止めるかという見極めが下手で、今か?今か?となぜか息を止めてしまう私。
私より下がったらすぐに褒めるべきところ、まず息をしているから褒めるのが遅れる。
要領悪くてダラダラで、アンジェロにはうまく横にそれて交わされてしまう。
そのうちアンジェロは、どうしていいかわからずに、何度か吠えて反発していました。
ヘタクソな母ちゃんを許しておくれ。
明日は、もっとがんばるから。


15-Sep-2015a.jpg

アンジェロの涙やけは、今こんな感じです。
未だ何に反応しているかまだわかりません。
なんとか理由を見つけてあげたい。

| お勉強 | 22:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訓練やり直し プライベートレッスン

14-Sep-2015a.jpg

バナナを食らう父ちゃんに注目する。


今まで受けてきた訓練方法が合わず、アレックスが受けていたところを記憶を辿って思い出し、連絡を取りました。
あのとき教えてくださった方は、ドイツ各地にセミナーで出かけていて、今は訓練は別の方々がやっているそうです。

夜7時に家に来ていただき、初回なので、まずどのような生活をしているのかを見てもらいました。
玄関扉をノックしたときから、滅多に来客がないのでアンジェロは吠える吠える。
家の中では、私達がアンジェロを落ち着けて座らせるのを一生懸命やっていました。
落ち着かせて扉を開けたら、座っていられなかったアンジェロが扉までやってきて、また吠える。

中に入ってもらって私が扉を閉めている間に、キャンと鳴く声が聞こえた。
トレーナーが、ほっぺたの肉を掴んだから。
決してアンジェロに痛い思いをさせる為ではなく、驚かせる為の行動でした。
トレーナーがおっしゃるには、慣れないことにアンジェロは、どうしていいかわからないから吠えていたそうだ。(私もそう思った。)

その後のアンジェロは、静かになって自分のマットに伏せ、時々吠えるけれどトレーナーの近くには行こうとしない。
今まで褒めて褒めておやつを使いまくり、犬がやりたいと思えるようにするやり方、悪いことをしたら無視して、悪いことだと理解するまでひたすら待つというやり方とは、全然違う。
ダメなことはダメと教える。(単純明確)

リーダーウォークのやり方も、全然違った。
今までのやり方は、私の前を歩いていても引っ張ってなければ大丈夫、横にそれたらおやつで呼び寄せて褒める。
今日習ったのは、私より前に出たら私が体で阻止する。
そこで吠えたり足に絡み付いたら、どこかつまんだり触ったりしてビックリさせてダメなことを教える。(決して痛みを与えない。)
理解して下がったらすぐに褒める。(おやつを使う必要はない。)

におい取りも、今までは、ある程度嗅がせてあげないといけないと、明確な方法は教えてもらっていませんでした。(何度もやりたくないと伝えても、追跡訓練を薦められる。)
今回のは、リーダーウォーク中は、前方に出ないので匂い嗅ぎはできない。
ノーリードの時に自由に嗅げばいいでした。

トレーナー曰く、リードを付けているのに指示どおりに動けないなら、ノーリードの時にいくら指示しても無理。
私に対するリスペクトを持たせ、リーダーになることが大切。
トレーナーと一緒に外を歩いて、ノーリードにした時の呼び戻しやリーダーウォークの練習をちょっとしただけで、アンジェロは、あんなに嫌がっていたテラス側の階段を、私と一緒に何度も降りた。
「あなたを信頼したって証拠よ」とトレーナーが教えてくれた。


たった小一時間のレッスンで、こんなに満足できるとは。
トレーナーが帰られてから、家の中で旦那に、「これよー。私が求めていた訓練は!」と叫んだくらい。
もう前のやり方には戻らない。
私が納得した方法でやらないと、アンジェロを惑わすだけだ。
やっと迷路からの出口が見つかったような気持ちです。


14-Sep-2015b.jpg


テラスのすぐ横の木にいた鳥。
秋よね。
アンジェロが来てから、半年以上が過ぎました。
まだまだ遅くない時期に、新しいトレーナーと出会えて良かった。
次の訓練は2週間以降。
明日の散歩では、母ちゃんひとりでもがんばるよ!

| お勉強 | 00:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教えてみよう!

13-Sep-2015.jpg

片付けても片付けても、アンジェロがおもちゃで散らかすリビング。
もう「片付け」を教えるのが一番楽かもと、今日の夜から練習し始めました。
1つのおもちゃだけだけど、咥えて落とすはできました。
あとは、入れ物に入れるを練習します。

おやつがなくても練習できたのは、遊びの中でやっていたからかな。
褒める機会が増えるのは、いいことだ。
こんな風に、ふたりで楽しみながらなら、アンジェロはいろんなことを覚えてくれるかもしれない。

| お勉強 | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電気柵

12-Sep-2015b.jpg

ハーネスが大嫌いで、着けるのにも時間がかかります。
そんなにストレスならと、夕方はカラーだけで出かけました。
あのハーネスだと、背中のフックにリードを付けても、あまり引っ張らないのはなぜだろう?
別のハーネスだと、カラーよりも引っ張って大変だったのに。


12-Sep-2015a.jpeg

今日は、馬の放牧地に張られた電気柵に濡れ鼻をくっつけて、電気ショックを受けました。
ビックリして鳴きましたが、いい勉強になったと思う。
これで安易に家畜に近づかなくなってくれることを願う。

| 日々の生活 | 23:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

半BARFやろうかな

11-Sep-2015a.jpeg

我が家に来てからしばらくして、アンジェロの目の回りには涙やけができた。
最初は、春先の花粉アレルギーかと思った。
病院で目薬を処方してもらっても、それを使っているときだけしか良くならない。
毎日、痒そうに目を前脚で擦っている。

ブリーダーさんのところで食べていたのと同じパピーフードの時でも涙やけができたので、単にフードだけの問題ではないかもしれないけれど、一度食事の半分をBARFに変えてみようかと考えています。
アンジェロは時々生肉を食べているし、きょうだいのLeviちゃんは、半BARFをやっていて、とても健康そうできれいな目をしている。
なので、Leviちゃんのママにお店等の情報を教えていただきました。

最近は、ネットでBARF用の肉を扱うお店が増え、あまりの品揃えにビックリしました。
見ているだけでビビるようなものもいっぱい出ていました。
例えば、産まれて1日のひよこ、赤ちゃんネズミ、オトナのネズミ、小さなラット、(ここまでは、犬に食べさせないよね?爬虫類用だよね?)、皮を剥いだうさぎの頭(これLeviちゃんは、よく食べてるんだって。)内臓系各種・・・

しかし、ちょっと待てよ。
BARFやったら、野ネズミを普通に食べるようにならないかい?
うさぎの頭なんて、どこで食べさせるのさ?
絶対フードボウルの外で食べるよね。
毎日床が血で汚されるとなると、食べさせる場所も考えねば。
できるのか、私? 
いやいや、やっぱりうさぎの頭は無理だろう。
すでにミックスされて細かくなったものの方が、うちには向いているじゃないかい?(弱気)

とりあえず、まずは冷凍庫にスペースを作らなくては。(逃げるな!)
下の階に、引き出し7つの冷凍庫、キッチンの冷凍庫にも引き出し3つあるのに、なぜかパンパンなのです。(冷凍すれば「永遠」だと勘違いしている。)
秋しか売っていないので大量のかぼちゃ、虫がつくので米(カリフォルニア米、タイ米、もち米、玄米)虫がつくので干し椎茸、虫がつくので小麦粉、納豆、保冷剤大量…etc. が詰まっています。
どれもすぐには消費できない。
20kgくらい注文したら、引き出し3つは必要だよな。


11-Sep-2015b.jpeg

写真は、昨日行ったSVの練習場で。
ここではいつも、父ちゃんとかくれんぼして遊びます。

| ごはん・おやつ | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT