| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

RWS ドッグショー Meinerzhagen

RWS(Rassezuchtverein fuer weisse Schweizer Schaeferhunde)のドッグショーに参加しました。
今日は、別の場所でBVWS(Bundesverein fuer Weisse Schaeferhunde e.V.)のショーもあったため、参加人数が少なく、2日あるはずだった2つのショーを1日にまとめて開催されました。

まずは、RWS Sauerlandsieger Schau Meinerzhagen 2016 が、午前中に行われました。
審査員は、前回のクリスマスショーと同じでしたが、今回は同じクラスに約4ヶ月若い子が参加。
アンジェロは、ショーが始まる前から落ち着きなく騒々しかったので、母ちゃんの緊張も飛んで行ってしまいました。
とにかく、飛びつかないこと、カプカプしないことに必死で、おやつで釣る釣る。
父ちゃんの一挙手一投足に反応して吠えたので、リングすぐ横のテーブルに座ったまま動かないようにしてもらっていたので、写真がほとんどありません。

ホールに到着した時点で、この興奮状態では、絶対無理だから出場せずに帰ろうと言っていたのに、まさかのV1でした。

13-Feb-2016a.jpeg


そして、午後からのRWS Zucht und Nachwuchsschau Meinerzhagen 2016
審査員が変わって、参加者は同じ。
こちらも、V1をいただきました。

2つのショーどちらでも、ジュニアクラス1番を決めるために1ヶ月若い女の子と走りました。
結果は、女の子が1番。
アンジェロよりももっと胸筋がしっかりしたきれいな子でした。
ハンドラーの女性とふたりで走る姿の落ち着きと優雅さに圧倒されてしまいました。
審査員の方の評価は、アンジェロの体格は、まだできあがっておらず、まだまだこれからだそうです。

それよりも、ショーマナーをなんとかせい!とつくづく自分を叱りたかった。
我ながら、あんなに騒がしいアンジェロとよく出場できたものだ。
それでも、周りの方々が優しく接してくださったのは、本当にありがたかった。
特に、一緒に出場した男の子の飼い主さんとは、ずっと話しをしていて、いろんなアドバイスをいただきました。
それと、アンジェロのブリーダーさんのお嬢さんにも、アンジェロの問題行動の解決方法を教えていただき、これならなんとかなりそうという希望が持てました。
参加して良かった。

13-Feb-2016b.jpeg
スポンサーサイト

| ドッグショー | 13:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

X MAS SHOW 2015 2日目

13-Dec-2015a.jpeg

今日のショーは、午前中に行われました。
昨日と同じく、アンジェロのクラスには1頭だけ。

また、私が口を開けさせる許可を頂いて、開けさせました。
それでも嫌がった。
走りは、昨日よりひどかった。

しかし、V1いただきました。


13-Dec-2015b.jpeg

ジュニアクラス♀の勝者には、2日目だけ参加の、Belleちゃん。
アンジェロのパパAikoのブリーダーさんのもとにいて、出身は、アンジェロと同じブリーダーさん。
ドイツチャンピオンのBelleちゃんに勝てるはずがない。

1回目よりもっとひどい走りだった。
その理由の1つは、隠れていてと頼んだ父ちゃんが、すぐ前でアンジェロにわかるように立っていた。(呼んでいたみたい。怒)
父ちゃんの前を通り過ぎる度に、父ちゃんのところに行けないので私の手をカプカプした。
審査員には、もっと練習が必要ねと言われました。


13-Dec-2015c.jpeg

この子は、8月に産まれたアンジェロの異母兄妹のLavaちゃん。
こんなに小さくても、ちゃんと口の中を見せてたよ。
この子の爪は、アンジェロと同じで、上に黒っぽい線が入っていました。
Leviちゃんも同じ。
Aikoパパがそういう爪なのかな?
1日目には、この子のきょうだいのLapis-Kanameくんがいましたが、私達のすぐ前の出場で、ずっと近くに行く余裕がなく、遠くからしか見ることができませんでした。
緊張の中、心を和ませてくれるかわいい子達でした。


13-Dec-2015e.jpeg

評価と、2日間で頂いた賞品。
クリスマスプレゼントのようです。


13-Dec-2015f.jpg


今回のショーでわかった。
アンジェロが手を噛んだり、口を開けないのが悪いのではない。
現にアンジェロは、審査員も他の方達からも「素晴らしい」と何度も言われた。
性格も、今のところフレンドリーだ。

ショーマナーがなっていないのは、母ちゃんとアンジェロの主従関係と信頼関係の問題。
ショーの練習も大切だけど、まずは、これをしっかり築かないと、いつまでたってもダメだとわかった。
心入れ替えて、がんばります。
まずは、母ちゃんがなるべく常に平常心でいられるよう努力しよう。
ってことは、父ちゃんにイライラしてもぐっと抑えることから始める必要があるな。(厳しーい!)


アンジェロ、お疲れさま!

13-Dec-2015d.jpg

| ドッグショー | 19:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

X MAS SHOW 2015 1日目

今回のドッグショーは、アイリッシュセッターとホワイトスイスシェパードのショーが、午前、午後に分けて行われました。
1日目は、アイリッシュセッターが午前に、私達は午後まで待機。

(写真は、ボケボケのしか撮れていませんでした。)
12-Dec-2015a.jpeg

今回は、思っていたより出陳頭数が少なくて、アンジェロが出るジュニアクラスに参加予定だった1頭は不参加になったそうです。
ほっとして、ブリーダーさんのところに話しに行き、試しに口を開ける練習をしたら、アンジェロは断固拒否。
思いっきり怖がった。
待っている間に、他の人に口を開ける練習をしてもらったときは、問題なかったのに。
これではダメと、私が口を開けさせて審査員に見てもらうようにとアドバイスいただいた。

V1を頂きました。


12-Dec-2015b.jpeg

ジュニアクラス♀で1番だったLeviちゃんと、ジュニアクラスの1番を決めます。
またまた、きょうだい対決。
今回は、アンジェロが選ばれました。
きょうだい対決は、あまりしたくないね。
1番も2番もないもの。

12-Dec-2015c.jpeg

ひどい走りだったのに、とても良い評価と賞品を沢山頂きました。

この後、夜はみんなでクリスマスパーティーをしました。
といっても、みんな疲れているので、レストランで食べて飲んでゆったりと過ごしました。

| ドッグショー | 19:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

X MAS SHOW 2015へ向かう

11-Dec-2015a.jpg

明日から2日間開催されるドッグショーの会場ホテルにやってきました。
ここへ来るのは3回目。

11-Dec-2015b.jpg

レストランで、きょうだいのLeviちゃんにまた会えました。
久しぶりの再会でしたが、すぐにわかったみたいで、静かに挨拶してじゃれ合うふたりがかわいかったのに、写真を撮るのを忘れてた。
体のサイズはアンジェロの方がちょっと大きく見えた。
顔もそっくりのままでした。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Leviちゃんのママに写真を頂きました。
とっても仲良しのふたり。

11-Dec-2015c.jpg

11-Dec-2015d.jpeg

| ドッグショー | 20:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LG Rhein Main Spezialzuchtschau

3回目のドッグショーに行ってきました。
今回は、家からそれ程遠くないので、日帰りです。
会場は、シェパードクラブのグラウンド。
屋外のショーは、はじめてです。


20-Sep-2015a.jpeg

ショーが始まると、パピークラスはすぐに出場になります。
このクラスでの参加は、またもやアンジェロひとり。
心配していた通り、後ずさりして、口の中を見せません。
審査員が優しい方で、私に口を開けさせてくれましたが、それでも怖がって苦労しました。
後に写真を見て、私と一緒にこんな位置まで下がって見てくださっていたんだと知りました。
写真は顔を隠していますが、みんな笑っています。

前回は、タマチェックも嫌がって触らせませんでしたが、今回は前回程嫌がりませんでした。
それでも、写真を見るとへっぴり腰ですね。
しかし、立ち姿は素晴らしい。
口を開けなかったことと、一緒に走るのもスムーズに行かなかったのがショックで、このときの母ちゃんの頭の中は空っぽになっていたのでポージングさせていません。
アンジェロの自然の立ち姿。


20-Sep-2015_201509220654278dd.jpeg

毎回のことながら、ここからが長い。
終わるまで審査員の評価をいただけないので、ひたすら待ちます。

写真は、アンジェロの異母姉弟。
アンジェロのパパのブリーダーさんのところにいる子。
毎回ショーに来ていたので会えたのですが、今回は一緒に写真を撮らせてもらいました。
パパは、5歳になったばかりなのに、すでに約200頭の子供がいるんだとか。
これかもどんどん増えていくだろうから、異母兄弟だらけになりそうです。

そして、アンジェロの耳周りの毛は、今後抜けて少し硬めの毛に生え変わると聞きました。
ここだけは、なんとかキープしてくれると思っていたので、さみしいな。
今のうちにいっぱい撫でて触って、この感覚を覚えておこうと思います。


20-Sep-2015d.jpeg

今回も評価は、VV1を頂きました。
ただ、次からのクラスは、出場頭数も増えるし、口を開けて体を触らせないと、いい評価はいただけないと思います。
知り合いで犬が大丈夫な人に、片っ端から口を触ってもらおう。

| ドッグショー | 20:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT